労働者の健康を守る職業|睡眠障害が引き金となる症状をピックアップ

睡眠障害が引き金となる症状をピックアップ

女性

労働者の健康を守る職業

患者

産業医は事業場で従事する労働者の健康を管理する役目を持っています。医師である事はもちろん、労働者の健康に関する知識も有している必要があります。50人以上の事業者を使用する事業場では、労働者の健康を効果的に守るために産業医の選任が必要となっており、中小企業も例外ではありません。また、常時1000人以上の労働者が働く事業場や、肉体に負担がかかったり、有害薬品などを取り扱う場合など、場合によっては専任の産業医を設ける必要があります。産業医は健康診断やカウンセリング、ストレスチェックなどを執り行う権利が付与されます。現場の巡回なども定期的に行い、有害な事案を確認した場合には遅滞なく必要な予防措置を講ずるなど、多彩な観点から労働者の健康を守るのが役目です。

産業医は、労働者の健康管理や傷病の予防などに関する専門的な知識を有している必要があり、産業医として認められるには、まず、医師である必要があります。その上で、法律によって定められた認定要件の一つに該当すれば、産業医として認可されることになります。厚生労働省が指定した者によって行われる、労働者の健康管理の為の医学知識に関する研修を受講したり、労働衛生コンサルタント試験の保健衛生に合格しているなどです。また、厚生労働省によって産業医としての能力があると認められる場合も、認可される要件となっています。他にも認定に関する要件は幾つかありますので、産業医になるためには複数の手段から、自身に一番あったものを選択できます。